Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシングをすぐに返したい!そんな時は焦らず方法を調べてみよう | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシングの素早い返済方法を解説

キャッシングをすぐに返したい!そんな時は焦らず方法を調べてみよう

キャッシングをすぐに返済したいと思ったら

キャッシングで借りたお金をすぐに返済すると言うことには、2通りの意味があります。まず1週間程度都合が付けば確実に収入があり返済できる場合、要は借りてすぐに返す場合を指すときですね。

もう一つはキャッシングを利用して返済を続けていたが、資金が出来たのですぐに返してしまいたい場合を指すときです。出来るだけ早く返してしまうことで利子を低く抑えることが出来ます。このような返済にはどのような注意が必要なのでしょうか?
(⇒繰り上げ返済で金利負担をカットしよう

すぐに返済する為のコツ

まず近々確実に収入があることが分かっていて、とりあえずそれまで必要なお金を借りる場合、短期間と言えども基本的には利子が付きます。したがってなるべく金利の低いものを選べばよい事になりますが、金利が高く設定されていても一定期間の間のみ無利息と言う期間があるキャッシング商品があります。
(⇒無利息キャッシングを使う場合の注意

無利息期間は様々ですので必ず利用できるとは限りませんが、確実に収入があるわけですから、うまく利用すれば無利子で借りることが出来ます。タイミングはシビアですが、慣れればキャッシング枠をまるで財布代わりとして使う事が出来るでしょう。
(⇒少額借り入れでキャッシングをフル活用しよう

そして返済を続けていたが資金が出来たのですぐに返済したい場合、月々の口座引落し等とは別に、貸し手の金融機関の返済のための口座に振り込むことになります。なので場合によっては振り込み手数料が必要になる場合があります。

金額にもよりますが、小額だと利息よりも手数料のほうが高いなどという釈然としない場合もありえます。これを避けるためにはキャッシングした金融機関のATMを利用すれば、多くの場合手数料は発生しません。詳細については各金融機関で聞いてみてください。

クレジットカードのキャッシングを利用した場合、会社によっては引落し日以外の返済を嫌がる場合もありますが、必ず振込による返済は出来るはずですので、どうしてもすぐに返済したい場合にはクレジットカード会社に問い合わせてみてください。

嫌がると思いますが、どうしても返してしまいたいと言う態度で接すれば振込口座を教えないわけには行きませんので、交渉してみて下さい。最近は返済可能な端末が高度化した為なのか、そこまで嫌がる業者は多くありません。

早く返す事は節約にもなる

キャッシングであろうと別の金融商品であろうと、借りたら返済までは刻々と利子が加算されていますので、余裕の資金さえあれば出来るだけ早く返済してしまうことは良い判断です。

また予め早期の返済を念頭においている場合は、前記のようにキャッシング商品の選び方次第では無利子のまま返済できる場合もありますので、キャッシングする場合は良くキャッシング商品の説明を読んだり聞いたりしておいて、賢く借りて賢く返済できるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加