Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
低金利キャッシングは銀行カードローンで!人気の融資方法を学ぶ | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

銀行カードローンの利点と使用上の注意

低金利キャッシングは銀行カードローンで!人気の融資方法を学ぶ

キャッシングは低金利が理想

キャッシングには様々なものがありますが、通常は返済時の負担を考えて低金利のものを探します。その中でも銀行系のカードローンは銀行系と言う事で安心できますし、最も低金利でもあります。消費者金融系のものでも比較的低金利のものがありますが、イチオシということであれば間違いなく銀行系のものがお勧めです。

低金利が魅力の銀行カードローン

カードローンは契約時に設定した貸し出し限度額以内で、銀行のATMなどからカードを利用して借り入れするものです。カードは通常利用している普通預金のキャッシュカードを併用する場合と、専用カードを発行するものがあります。専用カードを使う場合は預金口座を持っていない場合でも利用することが出来ますので、返済口座は別で借り入れを行いたいならここで…というように、利用ロケーションに合わせて使い分けが可能です。

カードローンは、担保が無い場合でも利用できる無担保型と、不動産や有価証券などの担保が必要となる有担保型があります。利用用途は自由になっていますが、個人事業主がこれを事業資金として使うことは出来ません。事業資金として利用する場合は個人事業者向けのカードローンが用意されている場合もあります。基本的にはカードを使うローンの大半は無担保であり、有担保ローンとなると住宅ローンなど、大きな融資が必要なタイプが多いです

銀行系のカードローンの保証は保証会社が行うことになっているため、借り入れに当たっては保証人の必要ありませんが、そのかわり銀行と保証会社の両者の審査を受けることになります。返済は通常リボルビング払いで行われ借り入れ分がなくなるまで、毎月指定日に口座振替で引かれることになります。返済が滞ると債務は保証会社が弁済するため、以後は保証会社から取立てを受けることになります。
(⇒返済を滞らせることの問題

銀行系カードローンの良い点としては、消費者金融など他の貸金業者のローンよりも低金利と言う事や、銀行によっては残高不足となっても契約時に設定した限度額内で自動融資が受けられたり、カードの利用による特典が受けられる事などがあります。また悪い点としては審査が厳しく遅い場所が多いために、即日融資などのスピード重視の対応で消費者金融に劣るという面が気になりますね。
(⇒即日融資はどこを頼るべき?

注意すべき点については、まずは当然返済計画を充分検討してから借りることが重要になります。返済が遅延した場合、たとえ1日であっても遅延損害金が発生しますし、残高内なら自由にカードにより貸し出しができる為、カードの管理には充分注意する必要があります。借りる前には契約書の悪用された場合の補償について必ず確認しておく必要があります。保障に関してはあまり期待せずに、紛失しない事を優先で考えて下さい。

銀行カードローンも利用は慎重に

お金を借りることは悪いことではありませんが、あとになって自分の首が回らないようになるようなことのないように、まずはどうしても借りる必要が有るのか、必要最小限度はどの程度なのかを良く検討して、自分が返済できる範囲で借りるようにしましょう。

銀行カードローンの金利負担が低めとはいえ、少なからず金利が発生し、返済を圧迫している事実は忘れないようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加