Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
繰り上げ返済はお得?キャッシングを素早く完済するテクニック紹介! | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシングの繰り上げ返済がお得な理由

繰り上げ返済はお得?キャッシングを素早く完済するテクニック紹介!

キャッシングは素早い返済で節約が可能

キャッシングを使ってお金を借りた場合、小額の場合を除いて、通常は何回かに分けて月々返済してる場合が殆どでしょう。少額ならば利息負担も少なく、本当にちょっとした財布代わりのような運用も可能です。
(⇒キャッシング少額利用の極意

しかし当初予定していた返済計画に無い一時的な収入があった場合には、キャッシングで借入したお金を月々の返済とは別に、一括して返済することが出来ます。残り全てを返済する場合を全額繰上げ返済、一部を返済する場合を一部繰上げ返済と言います。任意返済の一環とも言える行為ですね。

繰り上げ返済でキャッシングを返してみよう

全額繰上げ返済する場合には、それで完済ですのでそこまでの利子しかかかりません。また一部繰上げ返済では元金が減るため、以後の利子はそれだけ少なくなります。どちらにしても、金利関係の負担をカットする事ができるのです。

このように繰り上げ返済は良いことずくめで、余分な資金が出来た場合には娯楽費用に当てるのではなく、ぜひ一部だけでも繰り上げ返済するようにしましょう。一部だけでも後々の返済計画は非常楽になります。

一部繰上げ返済の場合、最も効果的に行うためには一つ工夫点があります。キャッシングを行っている金融機関の場合、返済日と締め日というのが対になって存在します。返済日と言うのは返済の日ですが、締め日というのはその日の元金の残額によって翌月の返済日の利子を決める日です。

したがって締め日で翌月の返済額が決まります。このため締め日前に一部繰上げ返済を行うことで元金を減らし、翌月の利子を減らすことが出来ます。お金に余裕があってもいつ必要になるかわかりませんから、ギリギリまで温存するのは賢い方法ですね。

締め日を過ぎた後一部繰上げ返済しても、翌月の返済額は既に決まってしまっているため、高めの利子を支払うことになります。元金の残額によっても違いますが、大きな金額になる場合にはこのあたりも考慮しておくと良いのではないでしょうか。細かい差が重なって大きなものになるのが金利ですので、タイミングというのは常に意識しておきたいものです。

繰り上げ返済に無理は禁物

良い事ずくめの繰上げ返済ですが、無理して繰上げ返済するのは考え物です。返済したは良いものの無理をしたためにまたキャッシングしなければならなくなったと言うようなことは、絶対に避けなければなりません。

基本は返済計画に沿って返済を続けることです。そして何に対しても使う予定が無いような余裕の資金が出来た場合に限って繰り上げ返済を考えるべきです。

キャッシングは手軽なために安易についつい借りてしまう場合がありますが、必ず返済があることを忘れてはいけません。少なくともお金を借りている間は、遊興やレジャーなどにかける費用は極力押さえ、なるべくなら繰上げ返済が出来るように節約に徹しましょう。

結局返す必要があるお金ですから、一時の我慢で利子を抑えることが出来、支払い総額が少なくなるわけですから、返済が済んでから遊興やレジャーに回す事を考えても遅くは有りません。物事の優先度は常にわきまえましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加