Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
8ページ目 | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシング

知りたい・知っておくべきキャッシング情報が満載!!

キャッシングローン

キャッシングローンの基礎知識

お金が必要なあなたやキャッシングでお金を借りようと思っているあなた。まずはキャッシング(お金を借りる)という事がどういうことなのか基礎知識を学びましょう。お金や借金で失敗してしまわないため事前に情報を知ることはとても大切です。



キャッシング 審査

キャッシングの申込み・審査について

初めてキャッシングをしようとしている方の多くが申込や審査についての悩みや不安を抱えています。どうやって申し込めばいいのか、自分は審査に通るのか?在籍確認ってなに?そういった初歩的なことからキャッシングにおける審査の詳しい話まで解説します。



キャッシング 無利息

即日や無利息のキャッシングについて

即日キャッシングや無利息キャッシングなどの魅力的なサービスを謳うキャッシング会社や消費者金融もあります。しかし本当に今日お金を貸してくれるのか?無利息なんて嘘だ!?と思うかもしれません。即日や無利息の気にある話題にお答えします。



キャシング 返済

キャッシングの金利や返済について

借りたお金は返すのが人として当然です。当たり前のことですがキャッシングだって借りた消費者金融や業者にしっかり返済しなくてはなりません。キャッシングしたさいの金利や年利の話し、また返済についての知っておきたい情報が満載です。



クレジットカード キャッシング

クレジットカードキャッシングについて

キャッシングは消費者金融や業者からお金を借りる以外にも、あなたの財布に入っているクレジットカードでお金を借りることもできます。手軽にできるクレジットカードを使ったキャッシングですが、思わぬ落とし穴や後々後悔してしまうことが多いようです。



キャッシング 情報

キャッシング業者・消費者金融の情報

大々的にテレビコマーシャルや広告を出している大手の業者から地域密着型のキャッシング業者まで消費者金融も多種多様です。そしてアナタに合った消費者金融もまたそれぞれです。キャッシング業者の特徴や特筆するべき所を比較し借りる業者を検討しましょう。



便利な携帯キャッシングは管理もしっかりと!悪用されない為の豆知識

成長を続けるキャッシング市場

キャッシングの歴史は浅いですが、融資の申し込み方法や返済方法など、様々に改良されて今日に至っています。融資の申し込みは最初は金融機関の窓口で行っていましたが、技術が進むにしたがってATMやCDが使えるようになり、パソコンの普及とインターネットの発達によって、家にいながらにしてパソコン上から融資申込みが可能になりました。さらにはインターネットへの接続機能付の携帯電話の普及により、今度は携帯から簡単に融資の申し込みができるようになりました。世界は常に変わり続けているのです。

しかし、融資受付のための窓口がリアルな窓口からバーチャルなパソコンや携帯に移っても、基本的なキャッシング商品の仕掛け自体には大きな違いはありません。携帯だからといって有利になったり不利になったりするようなことはありませんし、利用するには同じように金融機関による審査を経て、決められた貸付限度額内で利用することになります。

携帯を利用することで、今度は家だけでなく出先であっても、携帯さえ接続できる位置であればどこからでも利用できて便利ですが、どんなものにも便利さがあれば、それなりに注意も必要になってきます。

携帯キャッシングを使う上で大切な事

携帯で注意しなければならないのは、まず紛失です。無くしたとしても新しい携帯から使えますが、紛失した携帯から履歴情報などが悪用されることは防がなければなりません。拾得した人間に悪意と技術があった場合、ちょっとしたロックくらいなら簡単に突破される事もあります。携帯は小さい分紛失しやすい為、管理には十分注意しましょう。

次に成りすましでの利用にも注意が必要です。口座番号やパスワードの管理はしっかり行いましょう。その他、携帯特有の注意事項は沢山ありますので、どうしても不安で仕方がないようなら、携帯には一切のキャッシングに関する情報を残さないのも手段の一つです。

様々な利用方法の中でも携帯キャッシングは現在のところ最も手軽に利用できるもので、ついつい借りすぎてしまうことが無いようにして下さい。十分な自己管理が必要であり、キャッシングの基本として、融資を受ける前にはしっかりした返済計画をたてる事は必須です

手軽に使えるからといって後で考えれば良いと言うことではなく、必ず自分の返済能力を考慮した返済計画ができるまでは借りないようにして、のちのち厳しい状態に追い込まれるようなことが無いようにしましょう。

まともじゃない金融業者にも注意が必要

以上の話は、まっとうな仕事をしている金融機関の話です。しかし金融機関というものはこういうものばかりではなく、090金融といって貸し手側の窓口が携帯電話というものがあります。

みるからに怪しい雰囲気ですが、こういう金融機関はインターネットや雑誌などに『すぐ入金』とかのうたい文句で借り手を募っています。これはいわゆる闇金と言われるものの一つで決して近づいてはいけません。
(⇒あなたの近くに潜む闇金

即日融資は当たり前!インターネット申し込みは恩恵がたくさん!

忙しい方が少ない手間で即日融資を受けるには

どうしてもすぐにお金が必要…でもわざわざ店舗まで出かけるのは時間がかかる…多忙な現代において、面倒か否かを別として、そう考える方はとても増えて来ました。

そんな時に活躍するのがネットキャッシングのサービスです。最近では大手のキャッシング会社の多くがネットキャッシングのサービスを取り入れているため、即日融資は以前と比べるとかなり容易になりました。

ネットキャッシングの簡単な概要

ネットキャッシングとは何なのか?それは文字通り、ネットを通して借り入れを行うキャッシング方式です。パソコンとインターネット環境さえあればいつでもどこでも申し込むことができるため、自宅にいながらキャッシングを利用するといったようなことも簡単にできてしまいます。普段からネット環境を活用している方なら、簡単かつ便利に始められます。

ネットキャッシングを利用する際は、申し込みフォームに必要事項を正確に記入することが必要です。自宅からの記入だからといって、嘘の情報を入力することはできません。そんなことをしてしまえば、結局審査にいらぬ時間がかかってしまい、お金が借りられないこともありえます。それに虚偽の記入が発覚する事は借り入れに大事な信用も著しく損ないます。これはどんな形態の融資でも共通なのです。

現に、ネットキャッシング業界では、他人の名前を使っての審査申し込みが非常に多いそうです。この点はくれぐれも気をつけましょう。個人情報の管理を厳格しないとならないのは、インターネットの発達も大きく関係しているのです。

ネットキャッシングは審査も非常に早く、早ければ数分ほどで融資を受けられることもあります。注意しなければならないのは、ネットキャッシングの場合は借入額が通常より低めに設定されていることがあるということです。多くのキャッシング会社は、来店不用の融資には制限を設けています。もしそれをこえた融資を望むのならば、実際に店舗に赴く必要があります。

ただ、カードローンのような元々手頃で使いやすいキャッシング方法の場合、店舗に関係なく審査次第で借入額が変わります。住宅ローンのような大きな融資こそ店舗に向かいたいところです。
(⇒住宅購入に対応した専用ローンとは

ネット環境があるなら積極的に活用すべし

インターネットが便利なのは多くの方にとって周知の事実ですが、最初に書いた通り、高齢層などはまだまだ馴染めていないのが現状です。

だからと言って難しいという先入観を捨てればその恩恵は簡単に得られますので、環境があるならむしろ積極的に活用したいところです。

人気のキャッシングは本当に良い?ランキングに隠された謎に迫る!

人気の差は大事?

キャッシング商品は多数ありますので、中には多数の利用者を抱えるものや、利用者が少なく消えていくものもあります。最近ではインターネットの発達でキャッシング商品にランキングを付け、人気度を示した記事を記載しているサイトも多数ありますから、キャッシングを利用する際にはこれらの情報を参考にした事がある人も多いのではないでしょうか。

しかしこれらの情報が本当に正しいのかと言うところはまずは疑ってかからなければなりません。情報というのは、受け取る私達に一存している部分があるからです。
(⇒借り入れの情報は正しいものを選定して利用する

キャッシングの人気は注意も必要

インターネットの登場以来、人気と言うものは故意に作り出すことも不可能とはいえなくなりました。世間一般にというわけではないにしても、その情報を見に来た人に対し、意図的なな情報を見せることによって、目的の情報に誘導することは可能です。ステマ、というと一時期流行っただけあってピンと来る方も多いのではないでしょうか?

したがって、インターネット上の情報は十分検証した後に利用するよう習慣付けが必要です。盲目的に信じては思わぬ被害を被る事もありますので、どんな情報であっても参考にはするけれども、最終判断は自分で行うと言う姿勢を持ってください。

さて、これらの情報によって示されたキャッシング商品の人気ですが、情報が正しいとしてそれを自分で利用してよいかと言うと、そうではありません。人気なのに?と深く考えないと疑問だけが思い浮かぶでしょう。

キャッシング商品がたくさんあると言うことは、商品を差別化するためそれぞれに特徴を持っていると考えてよいでしょう。そこで検討しなければならないのが自分の返済計画です。どのような返済計画が最も自分に合っているか良く検討して、完済までのイメージを思い描いてください。
(⇒自分なりの返済計画の作り方

この返済計画を元に最もあったキャッシング商品を選ぶことが重要です。いくら人気があったとしても、自分の返済計画にまったく合わないものを選んでしまっては、返済が苦しくなるばかりです。それではランキングサイトを見るという行為が、逆に悪影響しか生んでいないという事になります。

キャッシング商品を選ぶ場合は人気よりも自分本位で選んだほうが無難です。様々な情報は貴重ではありますが、これらによる人気に惑わされること無く、あくまで参考程度の情報として捉えましょう。

人気はあてになるけど過信はしない

前述のように人気というものはあるように見せることが可能です。情報というものは利用者次第と言う面があるため、たくさんの情報から自分に対して有益な情報を見分ける力が必要です。これは、借り入れの情報に限ったことではありませんね。

そしてキャッシング情報についても、自分にとって都合のよい尺度で、自分なりの人気ランキングのようなものを作るくらいの気持ちで、自分本位の選び方をするべきです。他の人の人気度は自分の人気度にはなり得ませんので、キャッシング商品を選ぶ際は慎重を重ねて選びたいものです。

キャッシング利用は少額がポイント?一万円使って無利息返済する意味

少額を上手く使ってこそキャッシング

キャッシングというのは、現在ではキャッシングローンとも言われています。しかし本来はキャッシングとローンは別物で、ローンというのは比較的大きな金額を月々少しづつ返済していく商品、キャッシングというのは小額を借りて一括返済する商品を指す言葉でした。
(⇒大きめの買い物にはローンを活用しよう

いろいろと商品開発を続けていくうちに両者はだんだんと近づいていって、今では変わらない物になってしまいましたが、キャッシングの賢い使い方としては本来の意味で利用するのが有利です。今こそその本来について見直してみましょう。
(⇒キャッシングとローンって違うの?

キャッシング本来の用途を知る

要するにキャッシングを使う場面として当初想定された利用方法というのは、給料日までもうすぐだが、それまで1万円ほど足りない、給料が出たらすぐに返せるというような状況で借りてちょっと高めの利息を払うというものです。高めの利息といっても小さな金額を短期で借りるだけですから、それほど影響が出るものでもありませんでした。

しかし現在のような利用形態になると、利息が無視できなくなり行き詰ってしまうことも出てくるようになって、金利も低く抑えられるようになってきました。ある意味ではより使いやすくなったと捉えるべきでしょう。

各金融機関ではキャッシング商品の差別化を図るために、それぞれ特徴を持った商品開発を行うようになりました。中でも注目したいのは無利息期間です。キャッシングで無利息というのはウソっぽいと感じるかもしれませんが、これは現実にきちんと存在しています。
(⇒無利息でキャッシングを使う方法

無利息期間というのはこの期間内に返済してしまえば利息が付かないという期間のことで、利用次第では商品としての金利が高く設定されている場合でも、大変有利な商品といえます。これに当てはめて当初のキャッシング商品の利用方法を、もう一度考えてみることにしましょう。

無利息期間が1週間のキャッシングで1万円を借りたとします。給料日まで後5日とすれば5日後に無利息期間内に1万円だけを返済したとすれば、まったく利息を払う事無く給料日まで繋ぐことができます。つまり当初設定されていたキャッシング商品のちょっと高い利息を払うことも無く、非常に有利にキャッシングの利用ができるということです。

これが10万円以上では相当高額な給料でも貰っていない限り、一括返済は難しいです。しかし1万円程度ならこういう利用が可能です。これこそがキャッシングの真髄とも言える利用方法でしょう。

注意が必要なのは、利用するATMです。他社のATMから利用すると手数料が取られてしまいますが、この手数料が場合によっては、他の利息が付くタイプのキャッシング商品の利息分よりも多くかかってしまうことも1万円なら珍しいことではありません。

この場合大した額ではないかもしれませんが、なんとなく損した気分になってしまいます。1万円というような小額のキャッシングの場合、こういうところにも気を配ると更に有利になります。細かい部分も見られるようになれば、金融商品で損をする事は少なくなるでしょう。

即日キャッシングはもう常識?多くのの金融機関が取り扱っている理由

速さも重要なキャッシング業界

キャッシングは誰でも気軽に受けられる融資体系として今では幅広い層に人気があります。その人気の理由はいろいろなものが挙げられますが、やはり融資までの時間の早さをはずして考えることはできないでしょう。今回は「即日キャッシング」について考えていこうと思います。
(⇒即日融資はスピードキャッシング!

即日融資を受けるには

キャッシングを利用する際、どうしても審査を通過しなければなりません。キャッシングの利用を考えている人の中には「即日キャッシングは危ないものだ」というイメージを抱いている人も少なくはないでしょう。

それは「審査には時間がかかるもの」というイメージがあるため、即日融資がすなわち、審査なしでお金を貸してくれる、いわゆる「ブラックリスト向け」のキャッシングサービスに結びつくためではないかと思われます。実際は、ブラックリストこそ即日融資を受ける事は叶いません

しかし、現在では即日キャッシングは少しも危険なものではありません。現に、大手のキャッシング会社の多くが、即日キャッシングを執り行っています。審査のスピードはどんどん速くなり、一分もかからずに審査結果を教えてくれるキャッシング会社も増えてきています。

また、ネットキャッシングが発達し、自宅から簡単に審査の申請を行えるようにもなりました。まだまだインターネットに対して苦手意識を持っている方は多いですが、ネットキャッシングは簡単な検索と文字入力ができれば、ほぼ困る事はありません。
(⇒何かと便利なネットキャッシング

即日融資は忙しい方にも魅力的

即日キャッシングはその名の通り、申請してからすぐに融資を受けることが可能です。キャッシングをどうしても利用しなくてはならない、という場合は、一分一秒も無駄にできないことが多いものです。そんな時、これらのサービスは、利用者にとって非常に心強いものになるでしょう。

急にお金に困った時にすぐに利用できるように、即日融資というのはきちんと存在している事を忘れてはなりません。

キャッシング解禁は何歳から?立場も関係する借り入れの年齡問題

年齡に関わらず必要になる物

年齢によらず、お金というのは必要な場合が必ずあります。キャッシングはこう言う時のために大変使い勝手の良い融資方法となります。一度作っておけば審査無しで借りられるというのは、生活に密着した借り入れと言えるでしょう。

しかしお金を借りるには、それなりの社会的信用が必要になります。また改正貸金業法により年収の3分の1までという制限もでき、収入が無い人はキャッシングはできなくなりました。このため年齢的には18歳以上であればキャッシングを行うことは可能ですが、審査が通るのは結構ハードルが高いと考えられます。
(⇒キャッシング審査が甘くはない理由

キャッシングと年齡の関係

キャッシング商品を見ていくと利用可能年齢を20歳以上としているものが多く、20歳以上といっても学生の場合には学生キャッシングというものが有り、限度額は心細いですがそれなりに商品の種類があります。ただしこちらも改正貸金業法が施行されてから手を引く金融業者も出ており、収入の無い学生の利用はほぼ絶望的と言えるでしょう。
(⇒学生が学生ローンを使うには

いずれにしても20歳の学生などの場合、キャッシングの利用は難しいのは間違いありません。狙うとすれば顧客を広げたい思惑のある消費者金融系のキャッシング商品を狙い、諦めず何件か申込んでみることが必要ではないでしょうか。

ただし、20歳前にそれなりに大きい金額が必要になるということはそれほど頻繁にあることではありません。したがってキャッシングを考える前に、本当にそのお金が必要なのかよくよく考えてみる必要があります。

たとえば車を買うのであれば自動車ローンを考えるのが普通ですし、大きなお金が必要だとすればギャンブルとかレジャーとか必要不可欠なことではないものなどを思い浮かべます。そうだとすれば、キャッシングは止めておいた方が無難ですね。

不要不急のものはもっと社会的信用ができ、自己資金ができてから行えばよいことです。借りてまですることでは有りませんし、もし生活費の足しに少し借りたいということであれば、まずやりくりできないかを考えましょう。節約の精神というのは、例えお金を借りなくてはならない場面になったとしても役立ちます。

できなければ先に生活水準を落とすことを考えてください。借りたとしても、返済しながら同じ水準の生活を維持するためには遠からずまた借入れしなければならなくなります。今は我慢して、まずは収入を増やすことを考えましょう。身近な無駄を省くくらいなら、意外とそこまで不便には感じません。

年齡に対して甘いところは疑うべし

インターネット上には18歳以上であればお貸ししますというような広告を良く見かけますが、こういう場合、危ない金融機関ではないかよく確認する必要があります。甘い言葉を吐く業者は大抵が闇金融業者でしょう。
(⇒闇金融業者の手口とは

できれば借りないこと、借りるのであればできるだけ信用のおける金融機関から、可能な限り小額を借りるようにしましょう。借入金額が少ないほどリスクは軽減されるものです。

キャッシングで借りられないかどうかは信用情報次第って本当?

借りられない心配を抱く方へ

キャッシングにはブラックと言う概念があります。これはお金を借りられない人を指し、一般的には審査を受ける事なく落とされます。通常審査には自己申告とは別に、信用情報機関にある情報を確認する審査が一般的に使われています。これは過去に債務があった場合登録されている情報で、債務が一度もなければ載る事はありません。

この信用情報機関には様々な情報が蓄積されています。項目は、名前、住所、年齢、年収、勤務先、勤続年数、居住年数、債務履歴など多岐に渡ります。特に債務履歴について最も重要な項目として確認され、遅延履歴、返済の有無、現在の債務状況、トラブルなどがチェックされる訳です。

チェック時に問題がある場合

この確認作業の段階で、延滞などがあると返済能力が著しく劣ると言う判断をされる場合があります。主に遅延行為と複数の会社から借り入れがある場合、それとトラブルなどがあった場合は倦厭され、これらに該当する人を、キャッシング会社はブラック扱いとしています。
(⇒借入返済を延滞する事で発生するデメリット

良くブラックリストと言われますが、そういったリストは存在しません。あくまでもこういった情報を基に各企業が自社の審査基準に照らし合わせ、判断している訳です。したがって、会社によってその審査結果は異なります。ちなみにブラックリストというのは俗称で、金融機関側が使う事はほぼありません。

例えばA社では借りれたのに、B社では借りれないと言うケースも実際にあります。これは審査の判断基準が企業によって違うからこそ起きる訳です。ですから、もし1つのキャッシング会社で借りれない場合でも、簡単に諦める必要はありません。

なのでどうしても借り入れが必要なら、他の会社の審査を受けてみて下さい。但し、ここで注意して頂きたいのが申し込みブラックです。これは一定期間内に複数の申込みをしている人が認定される状態です。一般的にですが、何社にも同時審査をすれば「この人は相当お金に困っている」と判断され、お金を貸しても返ってこない可能性が高い危険人物だと思われます。

こうなるとほぼ審査は通りません。ですから、不安な気持ちから保険を掛けるように複数社同時申し込みをする人がいますが、可能な限り避けて下さい。かえって普通に受かる状態にキズを付ける事になります。

目安として1ヵ月に3件までの申し込みは問題ないと言われていますが、それ以上は申し込みブラックと認定されると言われています。キャッシングを受ける場合は1ヵ月に3件までとして、もし全て落ちた場合でも、2~3ヶ月間の休息期間を作って下さい。あくまでも目安ですので、それより少ないのは一向に構いません。

また、信用情報機関に残るデータが消えるまでの期間が、2~3ヶ月と言われています。この情報が残っている間に複数審査を受けると、申し込みブラックになりやすいので要注意です。

曖昧なブラックの概念に注意

ここまでブラックにならないための基準を紹介してきましたが、これらは全て俗説でもあり、ブラックと見るか否かは最終的には審査する側に一存されています。

なので俗説より緩い場所もあれば厳しい場所もありますので、とりあえず油断だけはしないようにしたいですね。

キャッシング利用限度額は人によって違う?その違いは信頼にあった!

限度額は何故違う?

キャッシング商品の説明には利用限度額がそれぞれ決まっていて、下は10万円から500万円の間に設定されています。しかしこれは各商品としての利用限度額であることを忘れてはいけません。

人間と言うものは何事にも都合よく考えるもので、利用限度額はなるべく大きいほうがいいと考えるのも不思議なことではありません。しかし500万円の利用限度額のキャッシング商品を選んだとしても、実際に500万円を借りられるわけではありません。何故限度額に差が出てきてしまうのか?

限度額のメカニズム

たとえばAさんとBさんがいて同じ利用限度額500万円のキャッシング商品の利用申し込みをしたとしましょう。しかし実際にはAさんの利用限度額は100万円、Bさんの利用限度額は500万円となりました。

こうなるとAさんは納得がいきませんよね?しかしキャッシングの申し込みにより金融機関が審査を実施したところAさんの信用情報や収入状況を判断して、現在融資できる限度は100万円までと判断したと言うことです。この点Bさんの評価のほうが高かったと言うことになります。

このように、キャッシングでは商品としての利用限度額と実際の利用者の利用限度額は違うと言うことを覚えておきましょう。金融機関の審査の結果、決められた利用限度額は現在のあなたの信用度といっても良いでしょう。

利用限度額を引き上げたければキャッシングによる融資をしっかり完済し、さらに収入を増やすなどが必要になります。完済するためにはまず融資を受ける際に返済計画をしっかりたてて、その返済計画に沿って返済していくことが必要です。何事にも順序が必要なのです。
(⇒返済計画はちゃんと考えてる?

こうして信用度を上げていけば、将来キャッシング商品の利用限度額いっぱいに利用できる日も来るでしょう。しかしその反面、キャッシングで受けた融資が完済できないような事態に陥った場合には、信用情報に記載されてしまい設定された利用限度額はおろか他社も含むキャッシング自体が利用できないようになる可能性さえあります。小額の融資だからといって安易に考えていると、自分の首を絞めることになりかねないことを忘れないようにしましょう。
(⇒小さな借り入れでも油断は禁物

どんな額でも油断しない事が限度額に繋がる

利用限度額が少ないからといって、他社のキャッシング商品も利用しようと言うようなこともあまりお勧めはできません。現在では改正貸金業法によって、すべて合わせても年収の3分の1までしか借りられないからです。

これは金融機関の審査で決められた利用限度額という事で、金融のプロが判断した値です。まずは無理な借入れを考えるのではなく、こつこつ信用度を上げていくことを考えたほうが、危険も少なく利用限度額も早く上がっていくでしょう。

キャッシング本審査前に結果が分かる!?事前審査を上手く活用しよう

審査を受ける前にお試しを

キャッシングを受けるには審査に合格する必要があります。しかし多くの方が、この審査に対して警戒心や不安を抱えています。「自分は審査に合格するのか?」「もし断られたらどうしよう?」「自分情報がどこかで悪用されないか・・・」など、考えてしまう訳です。受けてみないと分からない事ではありますが、単なるお試しで融資を受けるというのは、現実的でもありません。

これは多くの方が実際に感じている事ですので、まずお試しとして事前審査を受けてみましょう。これは審査を受ける前に受かる可能性があるのか無いのかを、簡単な検査で事前に把握する事ができるシステムです。

さらに、人に会う事なく匿名で行える為、秘匿性の高いキャッシングと言う行為を安心して行えるようサポートしてくれます。急いでいる時には心強い限りです。また審査内容は個人を特定できませんので、この仮審査の内容は情報として残らないのも魅力の1つです。悩むくらいなら試してみましょう。

事前審査を使おう

審査の手順はとても簡単です。審査はネット上にあるサイトから行えます。いくつか種類がありますが、流れとしてはまず事前審査のあるサイトに訪れます。次に事前審査を受けるを選択し、必要事項をフォームに記入します。最後に完了ボタンをクリックすれば終了となります。

このたった3つのステップをクリアするだけで、事前審査は終了します。後は結果を待つだけですが、待つ時間も記入した直後から確認できる場合もあれば、2日ほどの猶予が必要なものもあります。この辺はサイトごとに確認が必要です。

事前審査は基本的に、全自動で行われています。審査○秒と謳っている会社があるなら、ほぼ間違いなくこの全自動システムが使用されています。ではここで4つ程事前審査が受けられるサイトをご紹介しておきます。この事前審査に受かる事がキャッシングの第一歩となります。

オススメ事前審査サイト一覧

まずは「くらべる君」です。このサイトはPCでも携帯でも使用が可能で、セキュリティ面も万全な安心サイトです。審査結果も直ぐに確認できるのが魅力ですね。

次は「ボンドくん」です。このサイトは事前審査の他にも、キャッシングの疑問や不安までも丁寧に解説してくれる優れたサイトです。事前審査後のキャッシングまでの流れを把握する事ができ、急ぎの方には良いサイトです。

「She’s Cashing」は女性に優しいサイトです。女性特有の悩みを把握し、それを考慮したアドバイスなどがサイト内に記載されており、事前審査を簡単に受けられる事よりも内容面で女性にお勧めのサイトです。事前審査システムの丁寧な使用方法から、実際に借りた時のシミュレーションまで多岐にサポートしてくれます。レディースキャッシングに見られるように、女性の借り入れ利用が増えた現代では心強いですね。
(⇒レディースキャッシングは普通のキャッシングと違う?

最後は「審査くん」です。このサイトの内容は、実際の審査内容に似ている点で参考になります。キャッシングの事前審査はあくまでも仮です。その為、本番の審査をイメージする為にこのサイトを一緒に使うと大きな助けになると思います。このサイトも内容が充実しているので、一見の価値ありです。

無人契約機が便利!忙しい人もキャッシング申し込み可能な仕組みとは

困ったときの無人契約機

最近のキャッシングの申込みはパソコンや携帯電話を利用しインターネットを介して行うのが普通になってきましたが、こういった機器が利用できない場合は店舗に行って窓口あるいは無人契約機を利用するか、郵送や電話を利用するという方法があります。幸いにしてキャッシングの申し込み方法は非常に豊富ですので、どれか一つは自分にとって都合が良いものがあるでしょう。

このなかでも窓口のように心理的な圧迫が少なく、比較的利用し易いといわれていて実際に多くの人が使用しているのが、無人契約機を利用する方法です。無人と名がつくだけあって無人で操作して審査が受けられるのですが、体験された事が無い方は想像できませんよね?なので、今回はその便利な特徴を紹介していきます。

無人契約機の特徴について

無人契約機は1990年代の初期には既に登場していましたが、当時は機械に馴染みが無く、窓口に比べ利用者は圧倒的に少ない状態でした。しかし徐々に周知され急激に利用者が増えて行くようになり、これを見た別の金融機関でも同じような無人契約機を設置するようになりました。今となっては受け入れられなかった時代があった事に驚きですね。

こうした機器が設置できないような小規模な金融機関では、機械の裏に人間を配置してそれっぽく見せていたという例さえありました。結局無人契約機は心理的圧力で窓口に行けない人の利用を喚起した形になったわけです。人目が気になるキャッシングの理にかなっていると言えますね。

現在では裏に人間がいるということはなくなりましたが、カメラで撮った映像をモニタ前で係員が見ている形になっています。それでも窓口に行くよりは利用し易いと言うことで、まだまだ多くの人が利用しています。どれだけ人目が気になるかよく分かる結果と言えるでしょう。

インターネットを介するような場合と違って、無人契約機は店舗に設置されているということでオペレータと話すことができるため、わからないことがあったりした場合には直接聞くことができまず。この点窓口の利用とほとんど違いは有りません。備え付けの受話器を取るだけの簡単操作です。

無人であっても契約は変わらない

結局窓口にしろ無人契約機にしろ、店舗内になるため申込以降の手続きは同じということになります。無人契約機だから審査に有利だとか不利だとか言う事はありません。

したがって利用の仕方ということについて言えば、他の人と面と向かうことにためらいや圧迫感を感じるような事が無い人は窓口で、面と向かうことや話すことが苦手という人は無人契約機を利用すればよいということになります。自分で利用し易いほうを利用すればよいのです。

1つだけ言えることは、申込みに先立って審査の条件をクリアしていることを自分なりにチェックしておくということです。こうしておけば最初から審査が通りそうな所を選べば良いわけですから、審査に通りそうに無い店舗まで出向く無駄を省くことができます。一部の消費者金融で行われている事前審査にて大体の自分の返済能力を測ってみると良いでしょう。

そしてこのとき自分に合った返済計画を立てて、これに合ったキャッシング商品を選ぶことも忘れてはいけません。審査に通りそうだからといって自分に合わないキャッシング商品を選んでしまうと、返済に窮することも有り得ます。
(⇒自分に合ったキャッシングで返済も楽々

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >