Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
融資の為にキャッシング審査を通過する3つのポイントを押さえよう! | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシング審査に通過するためのコツ

融資の為にキャッシング審査を通過する3つのポイントを押さえよう!

融資を受けるまでに必要な事

キャッシングを利用したいといってもお金を借りるわけですから、会社としてもまるっきり信用できない相手には貸すことができません。これはいきなり知らない人にお金を貸してと言われるようなものですね。

そのため、融資を受けるには審査を突破することが必要になってきます。審査の際に会社側は利用者のどこをみているのか?という点に的を絞って、今回は見ていきましょう。
(⇒キャッシング審査で見られる点とは

キャッシング審査を突破するために

キャッシング審査で見られる点として第一にあげられるのが、収入と職業です。言うまでもなく収入、職業ともに安定している方が、キャッシング審査には通りやすいです。

例えば大手の企業に勤務しているサラリーマンや、公務員、特殊な資格を有する医者や弁護士は、比較的この審査に通りやすいといえるでしょう。逆に、年金暮らしの方やフリーター、学生、主婦はここで不利に働きやすいとされています。ただ、不利だから全く借りれないというわけでもありません。
(⇒主婦がキャッシングする場合に必要な事

キャッシング会社は「安定」を見て信用を計っています。そういう意味では家を持っているか、車を持っているか、結婚はしているか、子供はいるか、といった点も審査の対象になります。要は家庭を持っているか否かという事ですね。

言うまでもなく、全てないよりある方が有利に働くものです。安定した家庭は、個人の返済能力をはかる際にも一つの目安となります。ただ、家を持っていたとしても支払いが終わっていない場合や子供が多い場合は返済に充てられるお金が疑問視され、有利とは言えない状態になることもあります。

キャッシング初心者の方ならば関係はないのですが、他社からの借り入れ履歴も審査に大きく響きます。例えば返済期間が延び、他社からすでにブラックリスト登録をされてしまった人などは、これによって落とされる可能性が非常に高いです。
(⇒ブラックリストはお金が借りれないの?

また、他社から既に借り入れがある場合はその金額の大小よりも、いくつの会社から借りているか、といったことが問題にされるようです。一社から50万円借りている場合と4社から10万円ずつ借りている場合なら、金額は少なくとも後者の方が不利に働くようです。

審査を受ける前にある程度内容について知っておくと有利に

キャッシングを利用する前にはキャッシング会社の審査の規定を知っておき、あらかじめ対策を立てた上で審査に臨めば、借り入れを行える可能性は高くなるでしょう。

但しあくまで審査は受けてみるまでは結果は確定しませんので、頭でっかちになって必ず受かると過信しないようにして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加