Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシングにおける総量規制の現代における認識を見直そう! | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

総量規制における正しい認識とは?

キャッシングにおける総量規制の現代における認識を見直そう!

キャッシングの重要な決まり事

キャッシングはお金が絡むことですから、やはり決まり事が多くなってきます。お金というのは生きる上で必要不可欠であり、それを借りるという事は社会的責任も多く関係してくるので、当然と言えば当然ですね。

キャッシングにおける総量規制は、その一つです。ある程度金融関係の知識に触れた事がある方なら分かるかもしれませんが、初めて借り入れを意識したという方であるなら、あまり馴染みのない言葉だと思います。今回はその総量規制について解説します。
(⇒総量規制で制限されるものとは

総量規制についての概要

総量規制とは何でしょうか?それは借り手の年収を基準として、借り入れ限度額を設定する制度のことです。一度に借りられるお金が制限されるのは不便に思われがちですが、総量規制があることによってキャッシングの過度な利用が抑えられるというメリットがあります。

現在、キャッシングで借りることの出来るお金は、総量規制によって年収の三分の一までと決められています。つまり、年収が300万円の人ならば100万円までしか借りることはできないということです。目安として覚えておくと、自分のキャッシングの管理に役立ちます。

キャッシング会社の情報を集めるとき、しばしば他社との比較を試みることがあります。その際、数値化できるもの…例えば年利などを基準として比較することがありますが、その考え方をするならば利用限度額もひとつの比較対象となりえます。いくら金利が安くとも欲しい金額に限度額が満たないなら、作る意味は激減してしまいますよね。
(⇒キャッシング選びの基準について考える

しかし総量規制があるために、たとえ上限が500万円を謳っている会社からでも、年収の3分の1以上のお金は借りることができないのです。このような点はキャッシングを利用する際には注意してみなければなりません。

総量規制について正しい認識を持とう

総量規制はキャッシングの法改正により、その内容がかなり変化しました。そのため未だ総量規制に関して明確な知識を持たずに、曖昧な認識のままキャッシングを利用している人の数が多いようです。

たしかにそんな大金をキャッシングするといったことはあまりないのかもしれません。しかしそのようなことを知らなかったために、大金が必要になってしまった際、行き詰ってしまうこともあります。十分に注意し、金融法の改定があればマメにチェックしておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加