Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
スピードキャッシングで素早く借りる前に考えたい事とは? | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

スピードキャッシングを使う前に

スピードキャッシングで素早く借りる前に考えたい事とは?

一刻を争う借り入れが必要な方へ

通常お金を借りる場合、返済の可否を判断するための審査が行われます。これはキャッシングにおいても同じで、何日かかけて行われる事になるでしょう。しかし消費者金融系キャッシング商品の中には即日融資可能を謳う商品があり、通常融資申込みから一日以内に審査を終了し融資されます。

このようなキャッシング商品をスピードキャッシングと呼び、多くの消費者金融で商品ラインナップに入れられています。このスピードキャッシングの審査は通常各金融機関が独自に行うようになっています。急いで借り入れが欲しい方は必見ですね。

スピードキャッシングにも様々なものがあり、審査も金融機関によって違いますのでお金が必要になる時間に合わせて、欲しい商品を選ばなければなりません。改正貸金業法が規定するように安定した収入さえあれば、スピードキャッシングと言えども誰でも使うことができます。ですから銀行系に比べて若干金利は高くなりますが、融資までの時間を考えると緊急にお金が必要になった場合には大変便利なツールと言え、銀行と使い分けも可能でしょう。
(⇒低金利が魅力の銀行系キャッシング

しかし即日で比較的大きなお金が必要となると言うのは、事業を行っているような場合は別ですが、実生活上はそうそうあるものではありません。お金を借りることは悪いことではありませんが、このような借り方は尋常ではないため、本当に必要なお金なのか、犯罪は関係していないのかなど、借りる前に改めて考えてみることも必要となります。

従って、一度冷静になって考えることをお勧めします。もしギャンブルなどに使うとしたら、多重債務に陥るリスクが激増すると理解しておきましょう。「警察ですが、息子さんが事故にあったのですが、示談が成立するのでお金を~」という場合でも、まずは必ず自分で息子さんと警察に連絡しましょう。警察が示談を勧める事はまず無く、これは高確率で前述の通り犯罪行為に巻き込まれています。

早く借りれる場合でも冷静に行動するべし

スピードキャッシングにしろ他のキャッシングにしろ、借りる前には必ず返済計画を立てておきましょう。この計画が立てられないようなら、たとえ審査が通る条件を備えているとしても利用しないことです。

返済計画無しにお金を借りたら返済も行き当たりばったりになってしまい、貸し手である金融機関にも迷惑をかける事になりますし、自分の信用情報にも傷がつくことになりかねません。自分の収入と支出を勘案した上で、月々返済していく計画をたてましょう。

計画立案上、どうしても返済が破綻してしまう場合には、スピードキャッシングによる借入れは考えなおす事をオススメします。即日と言うのはあきらめて、もっと金利の低いキャッシング商品を選ぶか、生活の質を落としてでもキャッシングをあきらめたほうが無難です。

返済が破綻したら新たに借入れして多重債務に陥り、さらには返済不能となり債務整理をする羽目となってしまい、最悪自己破産ということにもなりかねないことを良く考えて借入れを行うかを判断する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加