Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
無職でも借りられる?仕事が無くても融資される境目はどこにある? | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

無職でもキャッシングが使える条件

無職でも借りられる?仕事が無くても融資される境目はどこにある?

無職ではキャッシング利用は難しい

キャッシングの審査は、お金の返済能力があるか無いかを判断する為に行われます。その為、無職と言う収入が無い人へのキャッシングはほぼあり得ません。キャッシングというのはお金がない人向けのサービスである前に、返済能力の有無が問われるのです。

稀に借りられたというケースがありますが、これも条件をクリアしていなければならないので、完全な無職ならばキャッシングはほぼ無理と思った方が良いです。簡単に言うなら、収入の有無というのが一番多い違いでしょう。

無職になる事は現在の社会情勢ではあまり珍しくありません。会社の倒産を筆頭に、急に解雇されたり、やむを得ない状況で会社を辞めたりする人は意外に多いからです。しかしキャッシングの審査では安定的な収入を確保している人へ貸す事が大前提とされていますので、無職ならばキャッシングの審査を通過する事は難しい訳です。

無職でも使えないというわけではない

但し、最初にも記載した通り、無職でもキャッシングの可能性がない訳ではありません。例えば主婦(主夫)ですが、これは金融業界では無職と定義されます。安定的な収入がないからです。しかし、主婦(主夫)であってもキャッシングは可能です。
(⇒主婦がキャッシングで借りられた理由

それは配偶者に安定的な収入があるからです。この場合、本人に収入はありませんがパートナーから収入が安定的にあると審査では判断されます。その為、無職であってもキャッシングが可能になる訳です。

無職の代表として他にも高齢者や学生が挙げられます。高齢者には通常キャッシングは難しいですが、年金受給者であれば審査に通りやすいとされています。それは年金が審査的には安定的な収入を得ていると判断されるからです。

学生については二十歳以上であること、そしてアルバイトによる定期的な収入が見込める場合においては、借りる事が可能です。実質的に大学生以上の学生が、学生向けのキャッシングを利用することが出来るのです

無職が借りられるかどうかの関門とは

無職の人がキャッシングをする時、最大の難点になるのが審査で必ず行われる勤務実態の確認です

これは単純な方法で勤務先に直接電話を掛けられます。その際勤務していれば問題ありませんが、勤務していなければ安定した収入が得られないと判断されてしまいます。だからこそ、無職の人の多くは審査で落とされてしまいます。

この対処法として派遣会社などに登録する方法があります。こうすれば勤務先に電話をされても問題がなくなりますので、無職であったとしてもこの方法なら、借りられ可能性は格段に上がります。但し、派遣社員も非正規雇用となりますので、限度額に関しては十分な額の用意が難しいと思っておいた方が良さそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加