Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシング審査が甘いという勘違いを無くす為に知りたい審査の事実 | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシング審査における勘違いを無くす

キャッシング審査が甘いという勘違いを無くす為に知りたい審査の事実

キャッシングにありがちな勘違いとは?

キャッシングの審査が甘いという事は、まずあり得ません。あくまでも貸す側は他人にお金の貸す訳ですから、その審査が甘い訳がありませんよね。ですから審査が甘いという言葉を聞いたら、逆に疑った方が賢明です。
(⇒審査が無い闇金融の恐怖

キャッシングの審査の目的は、貸したお金がしっかり返せるかどうか判断する為に行われます。つまり借りる側に返済能力があるのか無いのかを判断する為に、審査が行われる訳です。逆に言うなら、返済できる目処さえあれば誰でも借りられる可能性があるのです。

甘くは無いその審査の内容

審査の内容は年収であったり、年齢であったり、勤務実態や年数などが対象となります。また債務があるか無いかも審査対象となります。通常、大きな債務に家や車などがあり、小さな債務はクレジットなどが挙げられますので、全く債務が無いという状況の方が今の世の中では珍しいぐらいです。私たちの日常には、多くの借りて返してが存在しているのです。

他にも予期しない事故や引っ越しなどの、予定には全くなかった出費を余儀なくされる時があります。こういった場合、直ぐにお金を借りられるサービスが必要であり、だからこそキャッシングというサービスは多くの人に活用されている訳です。
(⇒便利に使えるキャッシングの基本構造

キャッシングは多くの人に活用されるサービスですから、貸す側もそれぞれ用途に合った貸し方をします。例えばAという会社でキャッシングの審査が通ったのに、Bという会社では審査で落とされた、と言う事があります。この場合、Aと言う会社は審査が甘いと判断しがちですが、それは少し違っています。なぜなら、Aでは落とされたのにBでは審査が通るといった逆パターンもあるからです。

これは会社側の方針などによって起こる違いであって、決して審査が甘いと言う訳ではありません。Aの会社が若いターゲットを獲得しようとしていたら、当然若い人は審査に通り易くなります。またBの会社では若い人の経済力は当てにならないので、中高年に絞って顧客を獲得しようと考えていれば、それに該当する人が審査を通過し易い訳です。

若い人がAとBの会社に同時に申し込めば、当然Aでは審査が通りBでは落ちてしまいます。つまり審査が甘い訳ではなく、会社の基準をクリアしているからキャッシングの審査に通過しただけです。この部分は多くの人が勘違いをしているので、覚えておいて下さい。あくまでも甘い審査はないのです。

審査に落ちたと悲観しないようにしよう

ただ、落とされたからと言ってもそれはその会社の基準を満たしていなかっただけなので、他の会社からのキャッシングを諦める必要はありません。

審査している人も人間ですので、当然好ましいと思う基準は異なります。その基準にそぐわないかどうかは、結局審査を受けるまでは分からないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加