Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシングに必要な書類の2種類を把握し、スムーズな申し込みを | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシングに必要な書類2種類

キャッシングに必要な書類の2種類を把握し、スムーズな申し込みを

キャッシングに必要な書類と言えば

キャッシングに必要な書類は大きく2つに分けられます。1つは本人が確認できる書類で、もう1つは収入を証明する書類です。それ以外の書類は、キャッシングの場合ほぼ必要ありません。事前に用意しておくことで、スピーディーな審査が可能となります。

二つの必要書類の解説

1つ目の本人確認ができる書類は、一般的には運転免許証の提示になります。多くの場合キャッシングの窓口は無人機でのやり取りになりますので、免許証を無人機で読み取り終了です。あとは別途用意されている書類に記載していく作業となります。この際、年齢や収入、居住年数や家族構成、勤務実態などを確認されます。
(⇒借り入れ審査で見られる点とは?

もし免許証を持っていない場合は、それに代わる証明書が必要になります。普通は保険証やパスポートなどがそれに該当し、社会保険証だと仕事の証明にもなるので何かと有利です。また引っ越しなどでそれらの証明書と住所が違う場合もありますが、その場合は付随して現段階の住所が確認できる書類も必要となります。

公共料金の請求書や領収書、住民票などが該当するので、用意しておく必要があります。注意点として6ヵ月以内の期限がありますので気を付けて下さい。これらの取得するにはいくらかの費用が必要な場合がありますので、あまりお金に余裕が無い時は注意して下さい。

2つめの収入証明書ですが、これは借りる額によって必要の有無が変わります。大体の金融機関において借り入れの希望額が100万円を超える場合と、自由業など給与の証明が難しい仕事の場合です。

キャッシングは総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れができません。その為、複数のキャッシング会社から借り入れがある場合は年収の3分の1を簡単に越えるくらいでないと、多重債務に陥って返済が不可能になってしまう事も考えられます。
(⇒多重債務に陥る前に

ゆえに返済能力の面で不安を残す要素となるので、実際の収入証明書を確認する必要が出てくる訳です。書類は源泉徴収書、確定申告書、給与証明書(直近2ヶ月+1年の賞与証明書)などです。どれも最新のものを用意して下さい。

証明証を用意しておくとスムーズに借りやすくなる

キャッシングに必要な書類は、始めて利用される場合は本人確認ができる書類のみの場合が多く、複数からキャッシングされている場合は、それプラス収入証明書の提示が必要となる場合が多いと覚えておくと手続きを素早く終える事ができます。

急ぎの融資を求めるならば、より事前の準備が重要ということですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加