キャッシング審査で収入証明が必要な場合

収入証明は何故必要?求められる場合の法則性を完璧に把握しよう!

キャッシングに必要な物

キャッシングに必要な書類は2種類に分ける事ができ、1つは本人確認証明でもう1つは収入証明です。キャッシングの審査には本人確認書類の提出は絶対ですが、収入証明については条件を満たさなければ必要ではありません。

収入証明書というのは何故必要なのか?収入を証明するものというのは分かっていても、何故必要なのかは分からないという人も多いので、その点について見ていきましょう。

収入証明書はどんな場合に必要?

収入証明が必要になる場合は主に2つあり、1つはキャッシング会社から100万円以上の融資を希望している場合です。これは金融機関にもよりますが、多くの会社は100万までなら収入証明書を原則不要としている場所が多く、その手軽さもキャッシングの魅力になっているからなのです。

口頭や書類記入での確認は、穿った見方をすれば不正ができてしまいます。現に多くの方が収入を若干多めに言ったり記載したりする傾向にあり、何故かと言うと見栄などではなく、年収が低いと借りられないかもしれない、借りられたとしても額が少なくなってしまうかもしれないと言った不安から言ってしまうと考えられています。

このように心理的な部分で人の発言は変化してしまうので、多額の借入時は証拠が必要となる訳です。100万以上のキャッシングが必要な場合は収入証明を用意しておきましょう。また、近頃は金融機関によっては200万まで不要としている場所も出てきているようです。

ここで注意としてお話ししておきますが、どのような背景があったとしても虚偽は審査でマイナスにしかなりません。年収や債務の状況は信用情報機関などに保有されていますので、虚偽はすぐに分かります。くれぐれも虚偽報告はしないようにして下さい。虚偽の記載が見つかった場合、あなたの信用情報は大きく損ねられる事でしょう。
(⇒審査で大事な信用情報について

2つ目は、自由業や自営業などのお仕事をされている方です。自由業とはフリーランスとも呼ばれ、近年ではノマドワーカーというかなり近しい存在も出てきています。
何故自由業などには収入証明書が借り入れ希望金額問わずに必要かと言いますと、普通の会社員の方が借り入れ審査の際に会社に本人確認を行う事で勤め先と収入の有無を把握できるのですが、自由業だとそれができません。

つまりは収入の存在というのが言葉だけでの確認では行えませんので、確定申告書控えなどが無いと、実質収入が確認できないという事になってしまいます。自由業の方は必ず該当の書類は保管しておき、いざという時に証明できるように自分で管理しておきましょう。

書類があっても審査に落ちる事はある

ただ、例え収入証明を提出しても審査には落ちます。あくまで用意する事で審査を「受けられる」だけである事に注意しておいて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加