Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシングの審査基準を3つに、明確に分けて理解しよう! | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシングの審査基準を3つに分けたら

キャッシングの審査基準を3つに、明確に分けて理解しよう!

みんな気になるキャッシング審査基準を分類する

キャッシングの審査基準は、キャッシング会社によって様々です。ただ、審査の項目は年収、年齢、勤務実態、勤務年数など多数ありますが、それらは大きく分けて3つに分類する事ができます。
(⇒キャッシング審査の主なポイント

1つ目は数値による確認、2つ目は債務状況の確認、3つ目は在籍確認となっています。様々なキャッシング会社がありそれぞれ審査基準を設けていますが、この3つを確認しているだけと言えます。

1.数値による確認

数値とは、年収、年齢、勤続年数、職業、住居状況、居住年数などを統計的にデータとしてまとめ、スコア化したものを指します。このスコアによって金融会社が融資可能か不可か?もし可能であるならその融資額はいくらまでにするか?などの判断を、数値によって判断します。

これはあくまでも統計的なデータを基に数値化するので、武富士などは当初懐疑的な見方をしていました。しかし、現在はこのスコアを基に融資の審査は行われています。数値での判断なので審査基準が明確化し短時間で審査結果が出せるので、融資までの時間短縮に繋がりました。このシステムのおかげで、最短30分でご融資などが可能になった訳です。この機械的な審査は仮審査とも呼ばれている段階ですね。

2.債務状況の確認

信用情報機関を通じて、現在借り入れが他社からあるかの確認や、これまで返済の遅延やトラブルなどがあるのかを確認します。キャッシングにおいて最も注意して確認される項目は、返済に対する姿勢と実績です。
(⇒過去に金融トラブルがあった場合はどのように扱われるか

属性や収入から返済責任と返済能力を判断し、もしこれまで借り入れがあった場合はその返済経歴などから、返済に対する実績を徹底的に調べます。ただ、これらを1つの企業が行うのには限界がある為、情報機関がデータの統一化を図り、保持をして金融会社がそれを共有している訳です。

その為、一度でも借り入れがある場合は、審査基準はかなり明確になります。まず返済の遅延行為の確認、返済に対してトラブルを起こした有無の確認がされます。ここで問題がある場合は、審査が一般の人より厳しくなります。逆にそういったケースが無い場合は、比較的スムーズにキャッシングが受けられます。

債務状況は必ず聞かれる項目です。ここでのポイントは虚偽行為を絶対にしない事です。もし虚偽の報告をし、信用情報機関のデータと一致しない場合は、返済に対して不誠実な対応をするかもしれないと判断されてしまい、審査を落とされる可能性が大きく増してしまいます。債務状況は入手されている事を把握しておいて下さい。

3.在籍確認

これは最終確認です。電話での在宅確認と勤務先への確認がされます。内容は「○○と申しますが、△△さんお見えですか?」と聞かれるだけです。これでもし「そんな人間はおりません」と言われた場合、再度確認される事になりますが、問題なければキャッシングを受ける事ができます。

幸いにして、わざわざ「ローンの審査でお電話しました」と直接言われることはなく、個人名や保険会社などを装って連絡をくれるので、余計な事を言わない限りは会社に融資を受ける事が伝わりません。その辺のプライバシーは安心して良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加