Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシング審査で重要な3つのポイント、あなたは全部知ってる? | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシング審査で重要なポイントと言えば

キャッシング審査で重要な3つのポイント、あなたは全部知ってる?

キャッシング審査を3つに分けたら

キャッシングの審査内容は、大きく分けるとたった3つです。1つ目はスコアリング、2つ目は債務状況、3つ目は在籍確認となります。これら大きな枠組みを、細かな項目で確認する事がキャッシングの審査内容となります。一体どれぐらいが合格基準なのかは、キャッシング会社側の機密となっており目にする事はできません。

一つ一つ分けて見る事で、普段では意識もしない部分を見直す機会になるかもしれません。見飽きたとは思わず、経験者の方も是非一緒に見直してみましょう。

スコアリングであなたの情報を数値化

1つ目のスコアリングとは、お金を貸す上で返済できる値を数値化したものです。年収や年齢、勤続年数や居住年数など、返済にあたってこのスコアリングが一定値に満たしていれば、返済能力に問題ないと判断される訳です。これは機械で仮審査としても処理することができます。

スコアリングは統計値です。これは今までの事例からある程度の予測の上で数値化しているので、絶対の基準にはなり得ません。しかし統計ですので、1つの指標となり審査の効率化を大幅に上げる事ができました。これにより30分で審査を終了させ、申し込みから1時間30半ほどでキャッシュカードを手にする事が可能も可能になりました。スピードキャッシングが成り立つにはこの段階が不可欠でしょう。
(⇒スピードキャッシングで素早い融資を受けてみる

但しこれはあくまでも統計値なので、キャッシング会社によって細かな部分で判断する基準が変わります。その為、A社では審査が通ったのにB社では落ちると言ったケースが出てきます。複数申し込みのリスクは高いと言えど、何も必ずすべて落ちるわけでは無いという事は承知しておきましょう。

債務状況は返済能力に大きく影響する

2つ目の債務状況の確認は、過去と現在においてキャッシング、ローンなどの債務の有無、過去の履歴を確認する事を指します。特に債務実績がある場合、遅延行為、クレームなどのトラブルを一度でも起こしていると、審査のハードルはかなり上がります。
(⇒金融関連で問題行動がブラックと言われる理由

キャッシング会社の最も注意する事は、返済義務を果たす能力があるのか無いのかを判断する事に尽きます。いくら本人が「返します」と叫んだとしても、キャッシング会社は客観的事実から総合的に判断した結果を優先させます。つまり収入があったとしても他の債務にそれを充てる状況がある場合、こちらの返済に回せないかもしれない可能性が出てくる訳です。

債務があるとは、他の債務に収入を使う事を意味します。この段階で、スコアリングを基に本当に返済可能であるのか審査をします。収入面は問題ないか?その収入が継続的に得られるか?など、より詳しい審査を行います。これが債務状況の確認です。

最後に必須の在籍確認

3つ目は在籍確認です。これは本人が、一定の場所に住んでいるのかどうかの確認をするだけです。つまり最終的な確認段階で、ここまで来れば審査は形式的なものになります。内容は電話で「○○さんはいますか?」と聞くだけです。この段階で「いる」と言う返答が確認できれば問題ありません。

勤務先や自宅に本人確認が行われる為、不正利用というのは簡単にはいかないようになっています。金融詐欺防止としても意味がある段階と言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加