Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシング審査に年齢は関係する?年代によって考えたい向き合い方 | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシング審査に年齡はどこまで関係?

キャッシング審査に年齢は関係する?年代によって考えたい向き合い方

キャッシングの気になる年齡との関係

キャッシングには返済義務が必ず付きます。その為、返済能力の有無を事前の審査で確認する訳ですが、一般的には20代から30代の年齢の人が最も評価されるとされています。所謂働き盛りですね。

良く年齢が高ければ良いと言われますが、中高年の層は家のローンや税金などで出費がかさみ、自由にできるお金である可処分所得が意外に少ないと判断され、あまり高い評価が得られない事があります。

借り入れと複雑に絡む年齡の折り合い

年齢については低すぎても高すぎても不可だと言われています。未成年や高齢者にあたる層は、普通働けない層、働いていない層として認識され、収入が安定しないと思われています。その為、20代から50代に該当しない場合、キャッシング会社は審査を厳しくします。そもそも、二十歳以下の未成年は普通のキャッシング会社の利用すらできませんね。

収入の安定者でなければ、基本的にキャッシングは難しい訳です。ただ、これはあくまでも一般的判断であり、業者によっては主婦やアルバイトでも積極的にOKしてくれたりするので、用途によって自分に適したキャッシングを選ぶようにすると審査には有利です。
(⇒自分にマッチした申し込み先を探そう

結局年齡はどこまで影響するのか?

年齢はキャッシングの審査の面で見ると、実はさほど重要な要素とは言えません。あくまでも返済能力を見る上で参考として確認される程度です。例えば20代になったばかりだと収入の面で安定していないとされているので、評価的には低いので他の審査が厳しくなります。

20代半ばの場合は、年収や勤務実態があればほぼ問題なく審査は通ります。30代についても20代より高い収入や勤続年数などで安定した収入を得られると判断され、審査に通過しやすいとされています。実際、一番借り入れを使っている年代が多いのが30代なのです。但し、30代になると結婚や家族を養うなどの要素が発生する為、独身で無い場合は若干審査が厳しくなります。

40代以上は20代や30代に比べ、出費が意外に掛かる世代と認識されています。一見高い評価を得られそうですが、可処分所得の面で見ると不安が見られる為審査が厳しくなる訳です。このように年齢の審査は、可処分所得の余裕を見る目安として用いられているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加