Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webmagazine2/cashinget.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシングの申込み・審査について | キャッシングの審査・金利情報や返済相談はお任せ![プラスマネー]

キャッシングの申込み・審査について

記事一覧

無職でも借りられる?仕事が無くても融資される境目はどこにある?

無職ではキャッシング利用は難しい

キャッシングの審査は、お金の返済能力があるか無いかを判断する為に行われます。その為、無職と言う収入が無い人へのキャッシングはほぼあり得ません。キャッシングというのはお金がない人向けのサービスである前に、返済能力の有無が問われるのです。

稀に借りられたというケースがありますが、これも条件をクリアしていなければならないので、完全な無職ならばキャッシングはほぼ無理と思った方が良いです。簡単に言うなら、収入の有無というのが一番多い違いでしょう。

無職になる事は現在の社会情勢ではあまり珍しくありません。会社の倒産を筆頭に、急に解雇されたり、やむを得ない状況で会社を辞めたりする人は意外に多いからです。しかしキャッシングの審査では安定的な収入を確保している人へ貸す事が大前提とされていますので、無職ならばキャッシングの審査を通過する事は難しい訳です。

無職でも使えないというわけではない

但し、最初にも記載した通り、無職でもキャッシングの可能性がない訳ではありません。例えば主婦(主夫)ですが、これは金融業界では無職と定義されます。安定的な収入がないからです。しかし、主婦(主夫)であってもキャッシングは可能です。
(⇒主婦がキャッシングで借りられた理由

それは配偶者に安定的な収入があるからです。この場合、本人に収入はありませんがパートナーから収入が安定的にあると審査では判断されます。その為、無職であってもキャッシングが可能になる訳です。

無職の代表として他にも高齢者や学生が挙げられます。高齢者には通常キャッシングは難しいですが、年金受給者であれば審査に通りやすいとされています。それは年金が審査的には安定的な収入を得ていると判断されるからです。

学生については二十歳以上であること、そしてアルバイトによる定期的な収入が見込める場合においては、借りる事が可能です。実質的に大学生以上の学生が、学生向けのキャッシングを利用することが出来るのです

無職が借りられるかどうかの関門とは

無職の人がキャッシングをする時、最大の難点になるのが審査で必ず行われる勤務実態の確認です

これは単純な方法で勤務先に直接電話を掛けられます。その際勤務していれば問題ありませんが、勤務していなければ安定した収入が得られないと判断されてしまいます。だからこそ、無職の人の多くは審査で落とされてしまいます。

この対処法として派遣会社などに登録する方法があります。こうすれば勤務先に電話をされても問題がなくなりますので、無職であったとしてもこの方法なら、借りられ可能性は格段に上がります。但し、派遣社員も非正規雇用となりますので、限度額に関しては十分な額の用意が難しいと思っておいた方が良さそうです。

収入証明は何故必要?求められる場合の法則性を完璧に把握しよう!

キャッシングに必要な物

キャッシングに必要な書類は2種類に分ける事ができ、1つは本人確認証明でもう1つは収入証明です。キャッシングの審査には本人確認書類の提出は絶対ですが、収入証明については条件を満たさなければ必要ではありません。

収入証明書というのは何故必要なのか?収入を証明するものというのは分かっていても、何故必要なのかは分からないという人も多いので、その点について見ていきましょう。

収入証明書はどんな場合に必要?

収入証明が必要になる場合は主に2つあり、1つはキャッシング会社から100万円以上の融資を希望している場合です。これは金融機関にもよりますが、多くの会社は100万までなら収入証明書を原則不要としている場所が多く、その手軽さもキャッシングの魅力になっているからなのです。

口頭や書類記入での確認は、穿った見方をすれば不正ができてしまいます。現に多くの方が収入を若干多めに言ったり記載したりする傾向にあり、何故かと言うと見栄などではなく、年収が低いと借りられないかもしれない、借りられたとしても額が少なくなってしまうかもしれないと言った不安から言ってしまうと考えられています。

このように心理的な部分で人の発言は変化してしまうので、多額の借入時は証拠が必要となる訳です。100万以上のキャッシングが必要な場合は収入証明を用意しておきましょう。また、近頃は金融機関によっては200万まで不要としている場所も出てきているようです。

ここで注意としてお話ししておきますが、どのような背景があったとしても虚偽は審査でマイナスにしかなりません。年収や債務の状況は信用情報機関などに保有されていますので、虚偽はすぐに分かります。くれぐれも虚偽報告はしないようにして下さい。虚偽の記載が見つかった場合、あなたの信用情報は大きく損ねられる事でしょう。
(⇒審査で大事な信用情報について

2つ目は、自由業や自営業などのお仕事をされている方です。自由業とはフリーランスとも呼ばれ、近年ではノマドワーカーというかなり近しい存在も出てきています。
何故自由業などには収入証明書が借り入れ希望金額問わずに必要かと言いますと、普通の会社員の方が借り入れ審査の際に会社に本人確認を行う事で勤め先と収入の有無を把握できるのですが、自由業だとそれができません。

つまりは収入の存在というのが言葉だけでの確認では行えませんので、確定申告書控えなどが無いと、実質収入が確認できないという事になってしまいます。自由業の方は必ず該当の書類は保管しておき、いざという時に証明できるように自分で管理しておきましょう。

書類があっても審査に落ちる事はある

ただ、例え収入証明を提出しても審査には落ちます。あくまで用意する事で審査を「受けられる」だけである事に注意しておいて下さい。

キャッシングに保証人は必要?保証人の定義と共に検証しよう

借り入れには保証人が必要

一般的にお金を借りる場合、保証人が必要となります。しかしキャッシングには保証人が必要ありません。ただその分、金利が高い事が特徴として挙げられます。これは無担保ローンに共通する点と言えるでしょう。

一般的に保証人を立てるのは住宅ローンなどで、額も大きい為、もし本人が返せない状況などになった場合は、その保証人に債務は移行し返済が行われる訳です。それゆえに身内であっても保証人になる事を拒むケースが多いのです。
(⇒住宅ローンの特徴とは

保証人には家族や友人などに頼むケースが多いですが、本人が返済できない状況になればその人達に債務返済の義務が移行しますので、くれぐれも慎重に考慮して下さい。保証人に支払いを任せるような状況になると、往々にして債務者は冷たい批判を浴びる事になります。

保証人の概念とは

但し、これは返済の義務が本人から無くなるという訳ではありません。返済できなくなる状況は様々あります。例えば事故などで働く事ができなくなったり、会社の倒産などで収入が途絶えたりする場合です。この時、全く貯えが無かったり、バイトなどで補填を一切得なかった場合は収入がない訳です。故に事前の備えというのも借り入れにおいて大事なのです。

不況で職を失う人は増えていますので、最近このような状況になる人は増えています。ただ、その場合もお金を借りた会社と相談し返済計画をしっかり立てれば、直ぐ保証人に返済要求される訳ではありませんので安心して下さい。どういった状況でも返済義務を忘れず、難しくなったらまずは相談して今後の計画を立てて下さい。
(⇒返済計画はしっかりと事前に用意しておこう

その点キャッシングには、このような煩わしい保証人などの手続きがありません。だからこそご利用は計画的にと言われるように、自己責任が常について回る訳です。便利なものというのは相応の対価があって成立しているのです。

保証人を立てると言うとネガティブなイメージを持つ方がいますが、あくまでも会社にとっての保険であり、それ以上でも以下でもないと受け止めて下さい。返済をしっかり行えば保証人に迷惑を掛ける事は一切ありませんし、連絡もいく事がありません。借りた人がしっかりすれば、保証人の方の生活には全く影響がありません。

保証人と連帯保証人は違う?

よく保証人と連帯保証人の違いについて混同している方がいるので、ここで区別しておきますが、保証人はあくまでも保険であり、返済義務は借りた本人にあります。一時的に返済できなくなった場合や返済を拒否した場合などは、まず本人に対して法的な処置が適応されます。支払い要求であったり差し押さえなどは、保証人よりも本人が先にされる訳です。

連帯保証人は保証人と違い、責任が同等とみなされています。つまり、保証人と違い法的な責任も本人と同じように受けなくてはいけないのです。保証人にはある程度の主張が認められ、借りた本人に対しての処置を要求する事ができますが、連帯保証人はそれが一切できません。よりなってもらうのには事前の信頼と返せるという能力が見られることでしょう。

連帯保証人は保証人と良く混同されていますが、全くの別物です。この2つの区別をしっかり把握して、頼む場合も請け負う場合も行動して下さい。

キャッシングに必要な書類の2種類を把握し、スムーズな申し込みを

キャッシングに必要な書類と言えば

キャッシングに必要な書類は大きく2つに分けられます。1つは本人が確認できる書類で、もう1つは収入を証明する書類です。それ以外の書類は、キャッシングの場合ほぼ必要ありません。事前に用意しておくことで、スピーディーな審査が可能となります。

二つの必要書類の解説

1つ目の本人確認ができる書類は、一般的には運転免許証の提示になります。多くの場合キャッシングの窓口は無人機でのやり取りになりますので、免許証を無人機で読み取り終了です。あとは別途用意されている書類に記載していく作業となります。この際、年齢や収入、居住年数や家族構成、勤務実態などを確認されます。
(⇒借り入れ審査で見られる点とは?

もし免許証を持っていない場合は、それに代わる証明書が必要になります。普通は保険証やパスポートなどがそれに該当し、社会保険証だと仕事の証明にもなるので何かと有利です。また引っ越しなどでそれらの証明書と住所が違う場合もありますが、その場合は付随して現段階の住所が確認できる書類も必要となります。

公共料金の請求書や領収書、住民票などが該当するので、用意しておく必要があります。注意点として6ヵ月以内の期限がありますので気を付けて下さい。これらの取得するにはいくらかの費用が必要な場合がありますので、あまりお金に余裕が無い時は注意して下さい。

2つめの収入証明書ですが、これは借りる額によって必要の有無が変わります。大体の金融機関において借り入れの希望額が100万円を超える場合と、自由業など給与の証明が難しい仕事の場合です。

キャッシングは総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れができません。その為、複数のキャッシング会社から借り入れがある場合は年収の3分の1を簡単に越えるくらいでないと、多重債務に陥って返済が不可能になってしまう事も考えられます。
(⇒多重債務に陥る前に

ゆえに返済能力の面で不安を残す要素となるので、実際の収入証明書を確認する必要が出てくる訳です。書類は源泉徴収書、確定申告書、給与証明書(直近2ヶ月+1年の賞与証明書)などです。どれも最新のものを用意して下さい。

証明証を用意しておくとスムーズに借りやすくなる

キャッシングに必要な書類は、始めて利用される場合は本人確認ができる書類のみの場合が多く、複数からキャッシングされている場合は、それプラス収入証明書の提示が必要となる場合が多いと覚えておくと手続きを素早く終える事ができます。

急ぎの融資を求めるならば、より事前の準備が重要ということですね。

キャッシング審査に年齢は関係する?年代によって考えたい向き合い方

キャッシングの気になる年齡との関係

キャッシングには返済義務が必ず付きます。その為、返済能力の有無を事前の審査で確認する訳ですが、一般的には20代から30代の年齢の人が最も評価されるとされています。所謂働き盛りですね。

良く年齢が高ければ良いと言われますが、中高年の層は家のローンや税金などで出費がかさみ、自由にできるお金である可処分所得が意外に少ないと判断され、あまり高い評価が得られない事があります。

借り入れと複雑に絡む年齡の折り合い

年齢については低すぎても高すぎても不可だと言われています。未成年や高齢者にあたる層は、普通働けない層、働いていない層として認識され、収入が安定しないと思われています。その為、20代から50代に該当しない場合、キャッシング会社は審査を厳しくします。そもそも、二十歳以下の未成年は普通のキャッシング会社の利用すらできませんね。

収入の安定者でなければ、基本的にキャッシングは難しい訳です。ただ、これはあくまでも一般的判断であり、業者によっては主婦やアルバイトでも積極的にOKしてくれたりするので、用途によって自分に適したキャッシングを選ぶようにすると審査には有利です。
(⇒自分にマッチした申し込み先を探そう

結局年齡はどこまで影響するのか?

年齢はキャッシングの審査の面で見ると、実はさほど重要な要素とは言えません。あくまでも返済能力を見る上で参考として確認される程度です。例えば20代になったばかりだと収入の面で安定していないとされているので、評価的には低いので他の審査が厳しくなります。

20代半ばの場合は、年収や勤務実態があればほぼ問題なく審査は通ります。30代についても20代より高い収入や勤続年数などで安定した収入を得られると判断され、審査に通過しやすいとされています。実際、一番借り入れを使っている年代が多いのが30代なのです。但し、30代になると結婚や家族を養うなどの要素が発生する為、独身で無い場合は若干審査が厳しくなります。

40代以上は20代や30代に比べ、出費が意外に掛かる世代と認識されています。一見高い評価を得られそうですが、可処分所得の面で見ると不安が見られる為審査が厳しくなる訳です。このように年齢の審査は、可処分所得の余裕を見る目安として用いられているのです。

総量規制で何が変わる?キャッシングにおける制限の法則を知る

キャッシングには制限がある

キャッシングを受ける際、年収と密接に関係してくるのが総量規制です。総量規制とは従来それぞれのキャッシング会社で借入額を決めていたものを、その時点での債務を合算して審査に考慮し借入額を決定する方法です。かつて破産者が続出してしまった事態の収拾の為に決められた事でもあります。

総量規制で何が決まる?

例えばA社B社C社でキャッシングをしようとすると、Aは50万、Bは50万、Cは30万とそれぞれの会社で融資枠の限度額一杯まで以前なら融資が可能でしたが、総量規制によって一定の額までしか融資をしてはいけませんと規制され、Aで50万借りると、BとCではその一定額から差し引いた額しか貸せなくなった訳です。

例として総量規制で100万までとした場合だと、あと合計で50万しか借りられません。B社から50万借りれば当然Cからは借りれず、Cから30万借りれば、Bからは20万しか借りられないという具合ですね。

この一定額は人それぞれ違いますが、基準は年収の3分の1と決められています。例えば年収300万円ならば、融資額は100万円となります。この一定額の基準を基に融資額を決める規制を、総量規制と呼ぶ事になりました。

良く債務状況や勤務先の状況など審査に落ちた理由を考える人がいますが、単純に総量規制の為、キャッシング受けられない状態と言う事は多々あります。自分の年収と借りている金額をまずは確認し、後どれぐらいの融資が可能であるのか確認しておくと、融資額を決める際に参考となるでしょう。

総量規制に対応するために

この総量規制の為、キャッシングの審査では収入を証明する書類の提出が必要になる事もありますので、その際はキャッシング会社の指示に従って下さい。
会社に勤めていれば給与明細でも良いですが、自由業なら確定申告の控えが有効になります。

また主婦(主夫)の方が借りる場合は、配偶者の同意と婚姻関係を証明する書類の提出した上で、配偶者と本人の年収を合算した金額の3分の1が上限となります。但し、この場合はパートナーとの十分話し合ってご決断下さい。
(⇒主婦とキャッシングの関係

自分に適した場所こそ受かりやすい?借入審査の基準は複雑だった!

キャッシング審査における一般的な見解

銀行系の審査は厳しく中小企業や個人の審査は通りやすいとキャッシングの審査について一般的では理解されているようですが、多くの場合これは間違っています。どの審査であっても信用情報機関にあるデータを基に行われ、一定の審査水準は保たれているのが現在のキャッシング業界であり審査です。
(⇒キャッシング審査が甘いという認識を正そう

Aの会社が審査に通りやすいと聞いたのでAの会社からキャッシングを受けたのに、審査に落ちたとします。しかし、厳しいと言われていたBの会社には審査が通りキャッシングが受けられたといったケースは多々あります。何故なのでしょうか?

これはキャッシング会社の求めている客層の違いから起こる現象であり、審査が厳しいとか通りやすいといった曖昧な判断で行われている訳ではありません。厳しいかどうかで言えば厳しく、そして自分に合致した場所に申し込む場合、初めて緩くなると言えるでしょう。

複雑なキャッシング審査事情

例えばある会社では若い世代も返済能力があり、その責任を担えると判断したとします。その為、20代ならある程度審査水準を下げて確認し獲得しましょうとなった場合、この会社に応募した20代の人は他のキャッシング会社よりも、客観的見れば審査に通りやすい訳です。

キャッシング会社もお金を貸して初めて成り立つ仕事ですから、お金を貸さなくては商売になりません。しかし、返済されなければ本末転倒なので審査は当然厳しくなります。以前までの審査なら若い世代は安定収入も少なく、生活的な余裕も自制する事も弱いと判断され敬遠されていました。今考えると、最もキャッシングという借入方法を必要としていた年代を遠ざけていたとも言えますね。

つまりキャッシングには、ある程度の年齢が必要と思われていた時期があったのです。この頃に若い人がキャッシングの審査に申し込むと今より確実に厳しい結果になっています。ただ、不況の影響で中高年の状況も変化し、一概に返済に対して安心できるとは言えなくなってきました。喜べる事ではありませんが、キャッシング見直しの機会が訪れたのです。

そこでキャッシング会社によっては、若い世代の獲得を容認し進める会社が出てくる訳です。ようは繰り返しになりますが、審査には甘いとか通りやすいという抽象的な概念はなく、あくまでもキャッシング会社の求めている客層にマッチしているかどうか、という点に注目しておかなくてはいけないのです。

あまり審査に関する情報をあてにし過ぎない

なので人の話を鵜呑みにし、通りやすいという情報のみで動く事が無いようにしましょう。また、情報を集める際にはどんな世代や人が審査を通っているのか確認してみて下さい。ただ審査の通りやすいキャッシング会社選ぶのではなく、自分と同じような特徴の人が受けられたキャッシング会社を探す訳です。

それこそ自分にとって最も審査が通りやすいキャッシング会社です。探し方としては難しいですが、リサーチできれば有益な情報となるでしょう。

キャッシング審査の最終段階の在籍確認をクリアする方法とは?

キャッシング審査には様々な段階がある

キャッシングの審査には年収や年齢、勤務年数や居住年数などの数値による審査と、過去と現在の債務状況を確認しその履歴を確認する審査と、勤務先や住居に実際にいるかどうかの在籍確認の3つに分ける事ができます。
(⇒借り入れ履歴は信用情報とも呼ばれる

この内最初と2番目の審査が一般的に知られる審査で、3番目の在籍確認は主に最終的な確認の為に行われる事が一般的です。方法は至ってシンプルで、勤務先や住居に直接電話で確認を取ります。これがほぼ最後の確認のようなものですので、きっちりクリアして借り入れを使えるようになりましょう。
(⇒キャッシング審査のポイントを押さえておこう

在籍確認は何をするの?

内容も「○○さまはいらっしゃいますか?」と尋ねるだけです。この時「今日は出勤しておりません」や「今は出かけています」などの反応があれば、勤務先や家にいる事の確認が取れ審査終了となります。在籍確認は1と2の借入審査と並行して行われるので、早ければ本審査開始直後には連絡がきます。上記のような返答を得る事でキャッシング会社の審査もOKとなります。

審査に関して言うなら在籍確認はあくまでも最終チェックの段階なので、その前段階の審査である年収や年齢、勤務実態や勤務年数、債務状況の確認の方が審査項目としては優先度が高いと覚えておいて下さい。

また独り暮らしなどの場合は、一度キャッシング窓口から家に戻り電話を受け取る審査も付随して発生することがあります。あくまでも実際にいる事の確認が必要な訳ですね。その際には家にある固定電話で対応する事になりますが、もし固定電話を持っていなくても、住所と名前の確認ができる郵便物などを提出で確認できますので、その際は指示に従って下さい。

これが終わればキャッシング利用が可能に

この在籍確認の審査は、簡略化される審査内容の中でも最もかなり重要な審査となります。ネットや携帯電話からの申込などで、会わないで融資を行うのにはキャッシング会社もそれなりのリスクを背負うからなのです。

ですから、実際に勤務している事や住んでいる在籍確認は重要になってくる事を押さえておいて下さい。電話も個人名や別系列の業務名目で電話がかかってくるので、あなた以外が電話をとってもプライバシーは守られているので、その点は安心して下さい。

審査無しなんてあり得ない!無審査で借りられる方法が危険な理由

審査無しのキャッシングの正体

キャッシングには多くの場合審査がありますが、審査なしのキャッシングがあります。それがクレジットカードの現金化という方法です。この方法は通常の煩わしいキャッシング会社の審査が一切ないのが特徴で、審査に落ちるかもしれないと言う不安が一切ありません。
(⇒無審査キャッシングの是非を問う

申込みもネットで簡単に行えるので、人に会う事なく最短1時間ほどで入金されるので、急な出費で急いでいる時に使う事になるでしょう。借りられる金額はカードの限度額内と決まっているので、いくら借りられるのか分からないと言う事はなく、限度額内なら自分の好きなように使う事ができます。

その為、ついつい使い過ぎてしまう危険がありますので注意して下さい。何事も計画的に使用する事が肝要です。ただ、この方法は無視するには大きすぎるリスクも備えています。

現金化は違法業者の温床状態

実はこのクレジットカードの現金化というのは、クレジットカード自体の利用規約で禁止行為とされています。クレジットカードを使っての現金調達はキャッシングのみとなっており、現金化というのは大抵が『何かを購入した』という状態に見せかけての出金となります。

行為自体が法律スレスレの為に、そもそも法律自体を無視している違法業者が多いのです。ここを利用した結果として「払った金額に比べて少なすぎる現金しかもらえなかった」「そもそもお金が入金すらされない」という事が非常に多く、とてもじゃないですが、実際には使う事はオススメできません。

お金を借りるのは安全のためにも審査が存在している

従ってキャッシングの審査が厳しいのは当たり前であり、面倒ともいえる手順があってこそ、融資を受けられるかどうかが決まるのです。

その結果として審査は大きく分けても3つあり、年齢や年収、債務状況や在宅確認などそれぞれ事細かに審査されます。これはキャッシング会社が貸したお金の回収ができない事を避ける為に必要な手順なので、審査なしで急なキャッシングをしようとしてもほぼ無理です。

例えば複数のキャッシング会社から借り入れがあり、債務残高も200万以上残っていた場合、年齢や収入などが審査基準をクリアしていたとしても、借り入れはかなり難しいです。これは債務状況の審査で問題視されたと言う訳ですね。

こうなると多くの場合、他のキャッシング会社の審査も通過が難しくなります。そこで審査なしのクレジット枠の現金化という方法に走る人も居ますが、前述のとおり極めてリスクが大きいです。借りれない時は諦めるという事も覚えておかないといけません。

勤続年数はどれくらい必要?キャッシング審査に関わるその法則とは?

キャッシングには勤続年数も関係する

キャッシングの審査では勤続年数を確認します。これはとても重要な審査で、キャッシング会社はお金を貸す際、しっかり返済できるかどうかを審査によって判断します。その為、安定的な収入があるのか無いのかを確認しますが、勤続年数の長さは安定的な収入がある事の判断材料としてとても重要な要素になります。

勤続年数が関わるキャッシングへの影響

例えば年収が非常に高いのに転職経験が多く、1つ1つの勤続年数が低い場合はどう判断されるのでしょうか?この場合、いくら年収が高くても安定的な収入があるとは言えないので、評価的には低く審査されます。年収の高さ=安定的と言う判断はされないという事です。

年収が多い事はキャッシングに有利ですが、長期的な視点で見ると年収よりも勤続年数の方が評価基準は高くなります。つまり正社員のような仕事であってもフリーターなどの仕事であっても、稼げる額よりも勤続年数の評価の方が良い訳です。継続は力なり、とは事実ですね。

これは自営業、自由業で働く人達にも当てはまり、キャッシングの審査は一過性ではなく継続的な出来事の方が信頼に結びつきます。年収や勤務先の大きさに執着する人が多いですが、あくまでもキャッシングは返済する事ができるかどうかと言う信用問題です。審査でも信用を意識して望んで下さい。

通常勤続年数は最低でも6ヵ月以上必要とされています。これ以下だと希望額より減額、もしくは借りられない可能性が高まります。また、これはあくまでも最低のラインであり、サラリーマンは1年以上、自営業などは3年以上の勤続年数が望ましいとされています。

勤続年数以外ももちろん大事

但し、勤続年数が少なくても借りられない訳ではありません。審査には主に3つのカテゴリーがあり、勤続年数は1つのカテゴリーの1つの審査項目に過ぎません。他の要素で問題ないと判断されればキャッシングは可能です。

注意点として勤続年数に不安がある場合は、申し込みブラックにならないように気を付けて下さい。これは短期間の内に複数のキャッシング会社に申し込み、その情報から問題があるかも知れないと思われ審査に強制的に落ちる事を指します。ブラックリスト入りと同じ状態という事ですね。
(⇒ブラックリスト本来の意味とは

こうなると普段なら審査的にOKな人でも、キャッシングの審査に軒並み落ちてしまいます。そうならない為にも1ヵ月に3つ程度までの審査に留めておいて下さい。それ以上は申し込みブラックの認定をされると言われているので、もし審査に落ちても焦らず、勤続年数が伸びるの待つのも1つの手です。

1 2 3 >